kaitak

ABOUT US

会社情報

社長写真

代表ご挨拶

我が社の向かうべき方向

弊社は昭和32年の創業以来、広島を代表するメタルワークサプライヤーとして、最先端の技術導入、品質や精度の向上につとめてまいりました。21世紀は浪費なき成長の時代です。当社が扱い、加工している鉄は、最も古くから人類の発展とともにあり、最も再生率の高い資源であり、自然環境にやさしい物質です。この鉄を素材とする鋼板の加工技術と技能の価値は、これからも末永く引き継がれてゆくことでしょう。
弊社の社是である“創意”と“熱意”と“誠意”をもって、社会に役立つモノづくり、顧客の皆様から喜ばれる製品供給に日夜努力を重ねてまいります。そして、既成概念にとらわれず、板金加工のパイオニアとして “開拓”の精神とグローバルな視点をもって、さらなる発展を目指す所存です。
今後とも一層のご支援とお引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。

松村 健

社是

創意 = 創造性
熱意 = 積極性
誠意 = 責任感

社訓

一、創意 を基に 合理化、技術開発で未来を拓こう。
一、熱意 を基に 積極的に働き業績を高めよう。
一、誠意 を基に 親切、丁寧の心で責任を果たそう。
一、融和 を基に 敬愛の心で知性を高めよう。
一、努力 を基に 根性、自己啓発に努めよう。

会社概要

会社名
株式会社 KAITAK(読み:カイタック)
英文社名
KAITAK INC.
本社所在地
〒736-0043 広島県安芸郡海田町栄町3番14号
TEL : 082-823-4161(代) / FAX : 082-823-4164
第2工場
〒736-0043 広島県安芸郡海田町栄町4番6号
坂工場
〒731-4301 広島県安芸郡坂町北新地1丁目4番93号
TEL : 082-884-3824 / FAX : 082-884-3828
創業
1957年(昭和32年)
設立
1969年(昭和44年)
資本金
3,000万円
代表者
松村 健
業務内容
板金加工全般、鋼材販売
取引銀行
広島銀行 海田支店、商工組合中央金庫 広島支店、もみじ銀行 海田支店、日本政策金融公庫 広島支店
主な取引先
新明和工業(株)、神戸鈑金工業(株)、阪和興業(株)、小野健(株)、神鋼商事(株)、豊国工業(株)、(株)メタルワン特殊鋼、大西電機工業(株)、佐藤商事(株)、結城鋼材(株)、緑鋼材(株)、ヨシワ工業(株) 他350社以上 順不同

アクセス

本社所在地
〒736-0043 広島県安芸郡海田町栄町3番14号
TEL : 082-823-4161(代) / FAX : 082-823-4164
第二工場
〒736-0043 広島県安芸郡海田町栄町4番6号
坂工場
〒731-4301 広島県安芸郡坂町北新地1丁目4番93号
TEL : 082-884-3824 / FAX : 082-884-3828

沿革

1957年(昭和32年)
5月 広島県呉市において、松村商店として創業。
1964年(昭和39年)
海田町に移転。(東京オリンピック)
1969年(昭和44年)
10月 株式会社海田金属に法人化。資本金300万円。
松村和歳が代表取締役に就任。
1970年(昭和45年)
(大阪万国博覧会)
1972年(昭和47年)
3月 資本金を700万円に増資。
アマダ製 ベンディングマシン「RG250」導入。
7月 資本金を1,000万円に増資。
1973年(昭和48年)
(ニクソンショック ドルショック)
1974年(昭和49年)
ヘラクレス社製(ドイツ) ベンディングマシン「Z4」輸入。
1976年(昭和51年)
アマダ製 リングフォーマー「B-100HH」導入。
1981年(昭和56年)
第二工場(製缶工場)を増設。形鋼ベンダー機を移設。
1982年(昭和57年)
7月 広島地区では最初のタレットパンチプレス「COMA-567」を導入。
1984年(昭和59年)
8月 資本金を3,000万円に増資。
1985年(昭和60年)
広島板金工業会(現シートメタル工業会)発足メンバーとして加盟。
6月 第二工場、本社近郊へ移設。
1988年(昭和63年)
3月 広島地区では最初のアマダ製CO2レーザー加工機「ラスマック667」導入。
ベンディングマシン「FBD-4006」導入。
1989年(平成元年)
海と島の博覧会モニュメント「パラダイスの塔」製作。
1990年(平成2年)
小池酸素製 CNC制御ガス/プラズマ切断機「TECHNOGRAPH」導入。
1992年(平成4年)
24時間稼働生産システム導入。自動搬送付タレパンシステム稼働。
関西空港アクセス道路防音壁、受注生産開始。
2月 アマダ製 ベンディングマシン「RG-250」導入。
3月 アマダ製 自動プログラミングシステム「AP-40」導入。
4月 新卒者採用開始(幹部候補人材育成制度始動)。
6月 河合製作所製 ベンディングロール「6型」導入。
1993年(平成5年)
7月 坂工場を取得。アマダ製 大型ロール機導入。製缶工場拡大。
1994年(平成6年)
10月 アマダ製 シャーリングマシン「H4065」導入。
1995年(平成7年)
阪神高速道路防音壁、受注生産開始。
3月 アイセル製 ベンディングロール「BS-BH 3000×12」導入。
6月 アマダ製 スピンガー プラズマ加工機導入。
10月 アマダ製 CO2レーザー加工機「LC-α」導入。
1996年(平成8年)
7月 アマダ製 シャーリングマシン「H-4013」導入。
1997年(平成9年)
1月 CAD/CAMシステム(実寸法師)導入。
5月 本社東棟入口部テント作業場を増設。
6月 ユタカ機械 シャーリングマシン「MS6014DHVR」導入。
8月 松村健が代表取締役に就任。
1998年(平成10年)
3月 日清紡製 ベンディングマシン「NSB160-3100」導入。
1999年(平成11年)
9月 村田機械製 タップ機能付タレットパンチプレス「M5000」導入。
村田機械製 タレットパンチプレス「C3000」導入。
10月 タケダ製 ユニットワーカー「UW-450DE」導入。
10月 CAD/CAM-LANネットワーク構築。
2000年(平成12年)
3月 ハタリー製 開先加工機「HVK-3000」導入。
2003年(平成15年)
2月 新工場新設(825㎡)取得、本社工場一体化稼働開始。
2月 アマダ製 CNCタレットパンチプレス「COMA-567」更新。
2004年(平成16年)
2月 アマダ製 ベンディングマシン「HDS-8025NT」導入。
3月 コマツ製 ツイスタープラズマ加工機「TFP3051」導入。
7月 アマダ製 ベンディングマシン「FBD-4008」入替導入。
7月 アマダ製 ベンディングマシン「FBD-3004」導入。
10月 日平トヤマ製 CO2ガスレーザー加工機「TLV-510J20F」導入。
2005年(平成17年)
11月 トルンプ製 CO2ガスレーザー加工機「TruMatic L4050」導入。
窒素発生装置-75KW導入。
2006年(平成18年)
4月 小型風力発電機(ダリウス・サボ二ウス型)前川製作所と共同開発。
2008年(平成20年)
11月 アマダ製 ベンディングマシン「HDS-2204NT」導入。
2012年(平成24年)
9月 トルンプ製 ファイバーレーザー加工機「TruLaser 1030fiber」導入。
2013年(平成25年)
7月 アマダ製 ベンディングマシン「FMBⅡ-3613NT」導入。
12月 トルンプ製 ファイバーレーザー加工機「TruLaser 3030fiber」導入。
2015年(平成27年)
8月 アマダ製 ベンディングマシン「HD-5006NT」導入。
2016年(平成28年)
2月 トルンプ製 CO2ガスレーザー加工機「TruLaser 3040」導入。
2017年(平成29年)
5月 創業60周年を迎える。
7月 第二工場増設、「TruLaser 3040」移設。
2018年(平成30年)
1月 トルンプ製 CO2ガスレーザー加工機「TruLaser 5040」導入。
2019年(平成31年)
1月 株式会社KAITAKに社名変更。
10月 設立50周年を迎える。

BUSINESS
TOOL

事業内容

MORE

RECRUIT

採用情報

MORE

TOPへ戻る