kaitak

ABOUT US

会社情報

社長写真

代表ご挨拶

我が社の向かうべき方向

弊社は1957年の創業以来、広島を代表するメタルワークサプライヤーとして、最先端の技術導入、品質や精度の向上につとめてまいりました。21世紀は浪費なき成長の時代です。弊社が扱い、加工している鉄は、最も古くから人類の発展とともにあり、最も再生率の高い資源であり、自然環境にやさしい物質です。この鉄を素材とする鋼板の加工技術と技能の価値は、これからも末永く引き継がれてゆくことでしょう。
弊社の社是である“創意”と“熱意”と“誠意”をもって、社会に役立つモノづくり、顧客の皆様から喜ばれる製品供給に日夜努力を重ねてまいります。そして、既成概念にとらわれず、板金加工のパイオニアとして “開拓”の精神とグローバルな視点をもって、さらなる発展を目指す所存です。
今後とも一層のご支援とお引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。

松村 健

社是

創意 = 創造性
熱意 = 積極性
誠意 = 責任感

社訓

一、創意 を基に 合理化、技術開発で未来を拓こう。
一、熱意 を基に 積極的に働き業績を高めよう。
一、誠意 を基に 親切、丁寧の心で責任を果たそう。
一、融和 を基に 敬愛の心で知性を高めよう。
一、努力 を基に 根性、自己啓発に努めよう。

会社概要

会社名
株式会社 KAITAK(読み:カイタック)
英文社名
KAITAK INC.
本社所在地
〒736-0043 広島県安芸郡海田町栄町3番14号
TEL : 082-823-4161(代) / FAX : 082-823-4164
第2工場
〒736-0043 広島県安芸郡海田町栄町4番6号
坂工場
〒731-4301 広島県安芸郡坂町北新地1丁目4番93号
TEL : 082-884-3824 / FAX : 082-884-3828
創業
1957年(昭和32年)
設立
1969年(昭和44年)
資本金
3,000万円
代表者
松村 健
業務内容
板金加工全般、鋼材販売
取引銀行
もみじ銀行 海田支店、広島銀行 海田支店、商工組合中央金庫 広島支店、日本政策金融公庫 広島支店
主な取引先
新明和工業(株)、神戸鈑金工業(株)、阪和興業(株)、小野健(株)、神鋼商事(株)、豊国工業(株)、(株)メタルワン特殊鋼、大西電機工業(株)、佐藤商事(株)、結城鋼材(株)、緑鋼材(株)、ヨシワ工業(株) 他350社以上 順不同

アクセス

本社所在地
〒736-0043 広島県安芸郡海田町栄町3番14号
TEL : 082-823-4161(代) / FAX : 082-823-4164
第二工場
〒736-0043 広島県安芸郡海田町栄町4番6号
坂工場
〒731-4301 広島県安芸郡坂町北新地1丁目4番93号
TEL : 082-884-3824 / FAX : 082-884-3828

沿革

1957年(昭和32年)
5月 広島県呉市において、松村商店として創業。
1964年(昭和39年)
海田町に移転。(東京オリンピック)
1969年(昭和44年)
10月 株式会社海田金属に法人化。資本金300万円。
松村和歳が代表取締役に就任。
1970年(昭和45年)
(大阪万国博覧会)
1972年(昭和47年)
3月 資本金を700万円に増資。
アマダ製 ベンディングマシン「RG250」導入。
7月 資本金を1,000万円に増資。
1973年(昭和48年)
(ニクソンショック ドルショック)
1974年(昭和49年)
ヘラクレス社製(ドイツ) ベンディングマシン「Z4」輸入。
1976年(昭和51年)
アマダ製 リングフォーマー「B-100HH」導入。
1981年(昭和56年)
第二工場(製缶工場)を増設。形鋼ベンダー機を移設。
1982年(昭和57年)
7月 タレットパンチプレス「COMA-567」を広島初導入。
1984年(昭和59年)
8月 資本金を3,000万円に増資。
1985年(昭和60年)
広島板金工業会(現シートメタル工業会)発足メンバーとして加盟。
6月 第二工場、本社近郊へ移設。
1988年(昭和63年)
3月 アマダ製 CO2レーザー加工機「ラスマック667」広島初導入。
ベンディングマシン「FBD-4006」導入。
1989年(平成元年)
海と島の博覧会モニュメント「パラダイスの塔」製作。
1990年(平成2年)
小池酸素製 CNC制御ガス/プラズマ切断機「TECHNOGRAPH」導入。
1992年(平成4年)
24時間稼働生産システム導入。自動搬送付タレパンシステム稼働。
関西空港アクセス道路防音壁、受注生産開始。
2月 アマダ製 ベンディングマシン「RG-250」導入。
3月 アマダ製 自動プログラミングシステム「AP-40」導入。
4月 新卒者採用開始(幹部候補人材育成制度始動)。
6月 河合製作所製 ベンディングロール「6型」導入。
1993年(平成5年)
7月 坂工場を取得。アマダ製 大型ロール機導入。製缶工場拡大。
1994年(平成6年)
10月 アマダ製 シャーリングマシン「H4065」導入。
1995年(平成7年)
阪神高速道路防音壁、受注生産開始。
3月 アイセル製 ベンディングロール「BS-BH 3000×12」導入。
6月 アマダ製 スピンガー プラズマ加工機導入。
10月 アマダ製 CO2レーザー加工機「LC-α」導入。
1996年(平成8年)
7月 アマダ製 シャーリングマシン「H-4013」導入。
1997年(平成9年)
1月 CAD/CAMシステム(実寸法師)導入。
5月 本社東棟入口部テント作業場を増設。
6月 ユタカ機械 シャーリングマシン「MS6014DHVR」導入。
8月 松村健が代表取締役に就任。
1998年(平成10年)
3月 日清紡製 ベンディングマシン「NSB160-3100」導入。
1999年(平成11年)
9月 村田機械製 タップ機能付タレットパンチプレス「M5000」導入。
村田機械製 タレットパンチプレス「C3000」導入。
10月 タケダ製 ユニットワーカー「UW-450DE」導入。
10月 CAD/CAM-LANネットワーク構築。
2000年(平成12年)
3月 ハタリー製 開先加工機「HVK-3000」導入。
2003年(平成15年)
2月 新工場新設(825㎡)取得、本社工場一体化稼働開始。
2月 アマダ製 CNCタレットパンチプレス「COMA-567」更新。
2004年(平成16年)
2月 アマダ製 ベンディングマシン「HDS-8025NT」導入。
3月 コマツ製 ツイスタープラズマ加工機「TFP3051」導入。
7月 アマダ製 ベンディングマシン「FBD-4008」入替導入。
7月 アマダ製 ベンディングマシン「FBD-3004」導入。
10月 日平トヤマ製 CO2ガスレーザー加工機「TLV-510J20F」導入。
2005年(平成17年)
11月 トルンプ製 CO2ガスレーザー加工機「TruMatic L4050」導入。
窒素発生装置-75KW導入。
2006年(平成18年)
4月 小型風力発電機(ダリウス・サボ二ウス型)前川製作所と共同開発。
2008年(平成20年)
11月 アマダ製 ベンディングマシン「HDS-2204NT」導入。
2012年(平成24年)
9月 トルンプ製 ファイバーレーザー加工機「TruLaser 1030fiber」導入。
2013年(平成25年)
7月 アマダ製 ベンディングマシン「FMBⅡ-3613NT」導入。
12月 トルンプ製 ファイバーレーザー加工機「TruLaser 3030fiber」導入。
2015年(平成27年)
8月 アマダ製 ベンディングマシン「HD-5006NT」導入。
2016年(平成28年)
2月 トルンプ製 CO2ガスレーザー加工機「TruLaser 3040」導入。
2017年(平成29年)
5月 創業60周年を迎える。
7月 第二工場増設、「TruLaser 3040」移設。
2018年(平成30年)
1月 トルンプ製 CO2ガスレーザー加工機「TruLaser 5040」導入。
11月 本社事務所統合。
2019年(平成31年)
1月 株式会社KAITAKに社名変更。
8月 ヤマザキマザック製 ダイレクトダイオードレーザー加工機「OPTIPLEX 3015 DDL」広島初導入。
10月 設立50周年を迎える。

BUSINESS
TOOL

事業内容

MORE

RECRUIT

採用情報

MORE

TOPへ戻る